講演・音楽法要イベント「禅の声」(於:駒澤大学)開催のお知らせ


 

平成28年度文部科学省私立大学研究ブランディング事業採択
『禅と心』研究の学際的国際的拠点づくりとブランド化事業
講演・音楽法要「禅の声」

 

曹洞宗の梅花流詠讃歌と、箏・尺八・笛など日本の誇る和楽器が出逢うコンサート。
禅文化を音で体感いただこうと企画されました。入場無料。
近隣にお住いの皆さま、ふるってご参加ください。

※チラシ(PDF)はコチラから

 

 

【日時】平成30年12月14日(金) 15:30分 開会(15時 開場)

【会場】駒澤大学記念講堂(東京都世田谷区駒沢1-23-1)

【主催】駒澤大学禅ブランディング事業チーム ※禅ブランディングwebサイトはこちらから

【出演】烏合衆(秋田県梅花流師範有志)梅花流師範有志の会

 

【プログラム】

Ⅰ.講演 15:40~16:40
「禅籍抄物と狂歌について」
 飯塚大展(駒澤大学仏教学部教授)

「詠讃の伝統 ‐道元禅師和歌から梅花流詠讃歌へ‐」
 佐藤俊晃(曹洞宗総合研究センター委託研究員、梅花流師範、秋田県龍泉寺住職)

 

Ⅱ.音楽法要 17:10~18:40
第1部 「仏陀讃仰」 梅花流師範有志の会

第2部 「尺八と詠讃歌の出逢い『心のハーモニー』」
    ①達磨大師影讃曲(作曲:石井透山 演奏:尺八、箏、笛、詠讃)
    ②三宝三華(作曲:石井透山 演奏:箏、十七絃、詠讃)

 

【問い合わせ】
駒澤大学禅文化歴史博物館 禅ブランディング推進係
電話:03-3418-9773