禅宗法式シンポジウム「お寺の原点をいかに記憶するか」(2/13 於:花園大学)開催のお知らせ


(クリックしてPDFを開く)

禅宗法式シンポジウム
「お寺の原点をいかに記憶するか~臨済宗の開山正当忌と曹洞宗の開山報恩法要を考える~」

臨済宗・曹洞宗から講師を招き、曹洞宗の開山報恩法要と臨済宗の開山正当忌について、実践・研究の両面からお話しいただきます。
参加費無料。


■ 日 時
2019年2月13日(水) 13時~15時10分(12時30分 開場)

■ 会 場
花園大学教堂 (京都府京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1花園大学内)


■ 次 第
 13:00~13:30 「開山忌の伝来とその展開」
 講師:尾崎正善(曹洞宗総合研究センター講師・鶴見大学非常勤講師・
         曹洞宗瀬谷山徳善寺住職)

 13:30~14:00 「臨済宗の開山正当忌」
 講師:吹田良忠(臨済宗妙心寺派法務部長・妙心寺古文化副所長・
         大本山妙心寺塔頭慧照院住職)

 14:00~14:30 「曹洞宗の開山報恩法要」
 講師:井上義臣(大本山永平寺名古屋別院監院・室内住職学研究会「滴禅会」代表・
         曹洞宗松鷲山花井寺住職)
 (10分休憩)

 14:40~15:10 総合討論


■ 定 員  120名

■ 会 費  無料

■ 参加申込 参加をご希望の方は、国際禅学研究所へお申し込み下さい。

■ 申込先  花園大学国際禅学研究所
       電話:075(823)0585  Fax: 075 (279) 3641
       メール:kokuze@hanazono.ac.jp
       下記サイトもご参照ください。
       http://iriz.hanazono.ac.jp/event/hosshiki.html

■ 共 催
臨済宗妙心寺派教化センター、花園大学国際禅学研究所、曹洞宗総合研究センター

■ 協 力
妙心寺古文化研究所、禅文化研究所、曹洞宗岐阜県青年会