SVA講演会「教育支援現場を見続けて38年~アジアのこれまでと未来を語る」開催のお知らせ


画像をクリックすると、チラシ(PDF)が開きます

3月27日、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の主催により、講演会「教育支援現場を見続けて38年~アジアのこれまでと未来を語る」が開催されます。

1980年、当寺タイ・カンボジア国境にあった難民キャンプ。講演者の八木澤克昌氏のSVAにおける活動は、地獄絵図のような場所で、子どもたちの笑顔を取り戻そうと絵本を持参し、図書館活動を開始したのがスタートでした。それから38年。カンボジア、ラオス、タイ国境のミャンマー(ビルマ)難民キャンプと各地の現場を「ミッション・パッション・ドリーム」を合言葉に、今も現場を走り続けています。

本イベントでは、日本の国際協力の歴史を現場の最前線で活躍してきた八木澤氏のお話しが聞ける貴重な機会です。

皆さまのご参加を、お待ちしております。

 

イベントページ

■イベント:講演会「教育支援現場を見続けて38年~アジアのこれまでと未来を語る」

■日  時:2019年3月27日(水) 18:30-19:30

■会  場:聖心グローバルプラザ 2階 アクティビティスペース
      (東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館)
      東京メトロ日比谷線「広尾」駅 4番出口から徒歩1分

■参 加 費:無料

■お申し込み:専用の申込みフォームよりお申込み下さい

■お問合せ:【主催】 シャンティ国際ボランティア会 広報課
      TEL03-6457-4585 / e-mail pr@sva.or.jp

*事前にお申し込み下さい