宗務総長談話(新型コロナウイルス感染症の現状を受けて)


はじめに、これまで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により尊い命を失われた皆さまに、深く哀悼の意を捧げます。また、大切な方を亡くされ悲しみを抱える方、罹患の症状や後遺症に苦しむ方、それを支える近親者の方がたに深くお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々が訪れることを、心よりお祈り申し上げます。そして、両大本山をはじめ多くの曹洞宗寺院が毎朝のお勤めで、宗教や民族を問わず世界中のすべての人々の安寧を願い、祈りを捧げていることをお伝えし、励みの一助となることを願うものであります。更には、感染症の流行直後から長きにわたってご尽力頂いております、医療、介護、福祉、保育などに従事する皆さまの献身的な活動に、深く敬意と感謝の意を表します。

「菩薩」とは、自己をさておき、苦しみを抱える方の救済に力を尽くす存在を示します。この苦難のなか、多くの方が現場の仕事を通じて「菩薩の行い」を実践されたのだという事を改めて感じ、敬意の念を感じずにはいられません。

いま、私たちを取り巻く社会は、多くの人びとの努力と、忍耐と、協力によって、一定の落ち着きと平穏を取り戻しつつあるように見えます。今後、経済活動の適切な再開によって豊かな日常を取り戻すことは、とても大切で重要な事でありますが、そのような中でも、私たちは過去の感染拡大の波の存在を忘れるべきではありません。

お釈迦さまは「縁起」という言葉で、世界中のすべての存在が互いにつながり合い、影響し合っていることをお示しになられました。それは今、この瞬間の私たち自らの行いが、身近な人や社会だけでなく、遠く離れた人びと、また時間を超えた未来の社会などに大きな影響を与える可能性があるということでもあります。

一旦は感染拡大が抑えられている状況に安心することも束の間、これから本格的な冬を迎え、第6波が到来するような話も伺います。マスクの着用や手指の消毒など基本的な対策を怠ることなく、冷静に、丁寧に日々を過ごしていくことを、共に努めて参りましょう。

曹洞宗宗務庁    
宗務総長 鬼生田俊英

→本談話の印刷用PDFはこちらから