記事一覧

記事一覧

災害情報

2014.04.22

復興支援活動紹介(13)見守り観音堂建立の会

東日本大震災によって犠牲となられた2万人近い方がたをお祀りする供養堂として「見守り観音堂」を建立する動きが全国に広がっています。 宮城県石巻市の洞仙寺は震災により本堂、庫裡が全壊してしまいましたが、倒壊した本堂からほとん...

記事を読む

2014.02.05

復興支援活動紹介(11)寺院と地域の絆で高める『寺院備災ガイドブック』の紹介

2013年4月1日、仏教NGOネットワークから『寺院備災ガイドブック』が発行されました。このガイドブックは、「様々な災害に備える」「災害時医療マニュアル」「寺院の避難所運営マニュアル」の3つの章で構成されており、東日本大...

記事を読む

2014.02.05

復興支援活動紹介(10)全国曹洞宗青年会の行茶ボランティアに参加して

東日本大震災発生後、全国曹洞宗青年会(全曹青)は「全国曹洞宗青年会災害復興支援現地本部」を立ち上げ、活動をしてきました。福島県の法輪寺寺族、高崎ひろみさんと洞雲寺寺族の東溟(とうめい)みはるさんは、全曹青が行っていた行茶...

記事を読む

2014.01.09

ふくしま故郷再生プロジェクト現地聞き取りレポート(7)  人権擁護推進本部

寺院住所 福島県大沼郡会津美里町 協 力 者 住職(代表役員) 訪 問 日 2013(平成25)年7月10日(水) 位  置 東京電力福島第一原子力発電所から西方約100㎞ 地区指定 無指定 放射線量 室内(庫裏内)  ...

記事を読む

2013.12.24

復興支援活動紹介(9)おてら災害ボランティアセンター「テラセン」

東日本大震災から4か月後の平成23年7月、被災した宮城県山元町の普門寺に、ボランティア活動の拠点として、「おてら災害ボランティアセンター」(通称;テラセン)の看板が掲げられました。普門寺の住職であり、震災後のお寺と地域の...

記事を読む

2013.11.20

復興支援活動紹介(8)身元不明者の遺骨を預かる住職の思い

岩手県の陸前高田市では東日本大震災によって、およそ1,700人の尊い命が失われました。高台にある普門寺では、これまでに震災で犠牲になられた身元不明者のご遺骨延べ400体を預かりました。現在も身元が分からないご遺骨12体を...

記事を読む

2013.10.24

復興支援活動紹介(7)福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」

東京電力福島第一原子力発電所の事故から2か月後に、福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」を立ち上げ、今も除染活動を続けながら故郷の再生に尽力する福島県常円寺住職の阿部光裕さんにお話を伺いました。 福島復興プロジェクトチ...

記事を読む

2013.10.10

詩集「あったかい手」の紹介

東日本大震災による大津波により、宮城県石巻市では甚大な被害が発生しました。津波の被害を逃れるため、高台にあった洞源院には多くの方が駆け込みました。家族を亡くされた方、家を流された方、様々な方が身を寄せ合い助け合いながら、...

記事を読む

2013.10.03

復興支援活動紹介(6)「笑顔いっぱいコンサート~千人で歌おう~」

復興支援活動紹介(2)「音楽の力で地域を盛り上げたい」において紹介しました、くらぶ海音とスーパーキッズオーケストラによる大コンサートが8月4日に開催され、報告の手紙をいただきましたのでここに紹介させていただきます。 笑顔...

記事を読む

2013.09.13

復興支援室分室では支援物資を募集しています

復興支援室分室では、行茶活動の際に供する飲食物等のご支援をお願いしております。 お茶やお菓子等ご当地のものは、話のきっかけや共通の良い話題ともなりますので、全国各地の皆さまからご支援いただければ大変ありがたいです。 つき...

記事を読む

2013.09.11

絵本「はしるってなに」の紹介

この絵本は、東日本大震災により生まれ育った故郷(福島)から離れ、家族や友達と離れ離れになってしまう等、不条理な現実の中で自分と向き合い、苦しみや悲しみを乗り越えて成長していく一人の少年を描いた物語であり、人間が本来持って...

記事を読む

2013.08.29

復興支援活動紹介(5)「こども自然ふれあい広場 in 長野」

曹洞宗長野県第一青年会では、7月27日~30日の期間に、信州上田菅平高原において「こども自然ふれあい広場in長野~夏祭り『上田わっしょい』参加とサマーキャンプin菅平高原~」を開催いたしました。福島県内の子どもたちへの積...

記事を読む

1 4 5 6 7 8