2022年国際識字デーイベント~すべての人に学びの場を

2022.09.15 ?>

毎年9月8日は、国際識字デーです。今年、シャンティ国際ボランティア会は、「すべての人に学びの場を」をテーマに、識字の問題に取り組む、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)と共催でオンラインイベントを開催いたします。

世界の成人で読み書きができない人は、7億7300万人。世界の成人の7人のうち1人は、教育の機会を奪われてきたために読み書きや計算ができません。

日本国内においても、さまざまな理由で義務教育を十分に受けられなかった人たちが識字に困難を抱えています。

長引くコロナ禍、紛争や貧困により、厳しい環境の中で学びを必要としている人たちの学ぶ場が奪われています。

夜間中学校教師を経て現在は中・高齢者の学習の場を運営されている黒川優子先生と、6月にモロッコで開催された国際成人教育会議に日本から参加した、シャンティ国際ボランティア会 教育事業アドバイザーの三宅隆史氏をお招きして、国内、海外の成人識字の課題や取り組みについてお話しいただき、国内、海外の事例をもとに、どのような状況下でも学ぶ場を絶やさないために何ができるか皆さんと考えていきたいと思います。

 

日時:2022年9月30日(金) 18:30~20:00(オンライン受付開始18:00)

配信:Zoom
申込者には、29日(木)16:00~17:00頃に、メールでZoomミーティングのURLとID・パスワードをお送りします。(※メールが届かない場合、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認ください。)

登壇者:

・三宅隆史(シャンティ国際ボランティア会 教育事業アドバイザー)

・黒川優子(元大阪夜間中学教員・基礎教育保障学会会員)

・ファシリテーター:大安喜一(ユネスコ・アジア文化センター挙育協力部長)

お申し込み:https://shanti20220930.peatix.com/

締切:9月29日(木)12:30

イベントページ:https://sva.or.jp/event/220930-2/

お問い合わせ:

シャンティ国際ボランティア会 広報・リレーションズ課

TEL:03-6457-4585 E-mail:pr@sva.or.jp

「国際識字デー」とは

1965年9月8日からイランで開催された「世界教育相会議(テヘラン会議)」において、当時のパーレビー国王が各国の軍事費1日分を識字基金に拠出することを提案したのがきっかけで、アメリカのジョンソン大統領が米国議会に9月8日を「国際識字デー」に制定するように呼びかけ、UNESCOが制定しました。