「平成30年7月豪雨」に伴う被害状況について


平成30年6月28日から7月8日にかけて、西日本から東日本の広い範囲で記録された大雨により、宗門寺院にも被害が発生いたしました。
被災されました方がたに心よりお見舞い申し上げ、被災地の一日も早い復興を祈念いたします。

去る、9月10日(月)から9月12日(水)に福祉課職員が現地に入り、各宗務所役職員に同行いただき、被害の大きかった被災寺院へのお見舞いと状況確認を行いました。

 

報告書はこちらをご覧ください。

 

また、曹洞宗では被災者支援のため義援金の勧募を行っています。
皆さまのご協力をお願いいたします。

義援金については、こちらをご覧ください。