「台風15号」・「台風19号」に伴う被害状況について


9月9日に関東に上陸した台風15号は、観測史上最強クラスの勢力で、千葉県を中心に甚大な被害をもたらしました。
10月12日には台風19号が同じく日本列島に上陸し、関東甲信越地方や東北地方などで記録的な豪雨となり、各地に大きな被害をもたらしました。

お亡くなりになられた方がたのご冥福をお祈りするとともに、深い悲しみにある皆様に衷心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された方がたにお見舞い申し上げ、一日も早い復興を祈念いたします。

 

9月25日 千葉県宗務所管内

10月22日から23日 福島県・宮城県宗務所管内

10月28日 群馬県宗務所管内

10月28日から29日 長野県第1宗務所管内

の日程で宗務庁役職員が現地に入り、被害の大きかった被災寺院へのお見舞いと状況確認を行いました。

 

報告書は 千葉県宗務所管内 報告書

     福島県・宮城県宗務所管内 報告書

     群馬県宗務所管内 報告書

     長野県第1宗務所管内  報告書 をご覧ください。

 

また、曹洞宗では被災者支援のため義援金の勧募を行っています。
皆さまのご協力をお願いいたします。

義援金については、こちらをご覧ください。