曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~令和元年7月


令和元年を迎え、定例の各会議が開催されましたので、その報告をいたします。会議に先立ち、全国曹洞宗青年会で制作された映画『典座―TENZO―』の上映をしました。「典座」という役目の奥深い意味だけでなく、心に何かを問いかけ、感じる映画であったと思います。

第1回常任理事会・理事会
5月28日(火)檀信徒会館3階「松の間」で開催され、引き続き開催される評議員会に提出される議題について審議しました。その間、会議に出席しない評議員は「絵本を届ける運動」の絵本づくりをし、50冊をSVAに送り、役立てていただきます。


第1回評議員会
常任理事・理事会終了後、同3階「桜の間」で開催し、翌日の総会に向けて議題が審議されました。

総会
5月29日(水)檀信徒会館3階「桜の間」で開催されました。会議に先立ち、喜美候部謙史教化部長のご導師による開会式を行いました。
議題には、平成30年度事業報告・決算報告・監査報告、令和元年度事業計画案・予算案が提出され、それぞれ承認されました。さらに、曹洞宗婦人会は、来年度創立四五周年を迎えます。その記念事業に向けて「実行委員会」の構成と予算案を提出し、承認され、今後の活動について実行委員会に一任されました。

午後の講義は、大本山總持寺副監院・埼玉県光明寺住職中井隆吾師に「寺をとりまく婦人のあり方―瑩山禅師からのメッセージをこめて―」と題してお話しいただきました。副監院さまの生い立ち、寺族・檀信徒に守られて来たというお話や、瑩山禅師さまの女性教育に熱心で、地位向上を求め尽力されたお話をお聞きし、婦人会はさらなる向上を求め、今日のお話を糧に努力してまいりたいと思いました。


創立45周年記念事業実行委員会発足
総会で承認され、5月30日(木)に第1回の会議を開催し、活動を開始しました。これより皆さまにはいろいろご協力をお願いすることとなりますが、どうかご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

事務局 東京都港区芝2-5-2
曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<