曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~令和2年10月


7月以来休載しておりましたが、今月号より掲載を再開いたします。新型コロナウイルス感染症が収束し、5月に中止した総会が開催できることを役員一同願っておりました。しかし、事態が好転する気配がないため、再び役員で審議し、9月に総会に代えて書面表決を実施いたしました。9月中旬に結果が出ましたので、10月より新執行部の下、新たに活動を開始する予定です。

 

「きゃら基金」よりの拠出

令和2年7月豪雨に対し、次の義援金を拠出いたしました。被災されました皆さまにこころよりお見舞い申し上げ、一日も早い復興を祈念いたします。

◎熊本県第一宗務所(激甚) 30万円

◎福岡県宗務所(激甚) 30万円

◎大分県宗務所婦人会 10万円

◎山形県第一宗務所 30万円

◎日本赤十字社コロナ対策支援金 10万円

◎佐賀県宗務所 10万円

 

マスク製作の活動

全体での活動は中止を余儀なくされましたが、九州管区婦人会の皆さまよりマスク製作の活動報告をいただきましたのでご紹介いたします。

・婦人会でマスクを手作りし、寄付してはどうかとの提案をいただきました。ほとんどの婦人会が活動休止の中ではありましたが、できる範囲で努力しようということになり、製作を開始しました。そして不足して困っている北海道管区婦人会に対し、常任理事の方を通して送ることができました。

今ではマスクの供給は落ち着いておりますが、それぞれに苦しい状態にあるなかにも慈しみの心を持ってすぐに行動できるところが婦人会の良いところです。(九州管区 村田徳子さん)

 

役員交替によせて

婦人会ではこうした地道な活動を続けながら、前に進んでまいります。かつて経験のない事態に役員も苦慮し、皆さまにも大変ご迷惑をおかけいたしました。旧役員一同、任期中皆さまには大変お世話になりました。そしてご協力に心より感謝申し上げます。これからも婦人会活動にご理解・ご支援を賜りたくお願い申し上げます。

事務局 東京都港区芝2-5-2
曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

 

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<