曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~令和2年12月


曹洞宗婦人会は今年で創立45周年を迎えました。創立から今日まで活動にご尽力いただきました皆さまに心より感謝申し上げます。

5年毎に行う周年事業ですが、今回は令和元年5月の総会において実行委員会が発足し、大本山永平寺さまにおいて会員並びに宗門関係の皆さまのご出席による記念大会を令和2年10月7・8日に予定し、活動を開始いたしました。他に、写経、『グラフきゃら』、記念誌の刊行を計画いたしました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大変残念ではございますが、記念大会の開催は中止とし、実行委員による記念法要のみ行いましたことをご報告申し上げます。

記念品贈呈

大本山永平寺さまには祠堂殿正面の柱巻き・紅幕一式を、そして大本山總持寺さまには香積臺の幕を、それぞれ贈呈させていただきました。両大本山へ参拝の折にはぜひご覧ください。

写経について

先述のとおり、「般若心経」の写経を計画いたしました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、各婦人会において写経会を実施できなかったというお話もうかがいましたが、それにも関わらず1万6809部もの写経が集まり、記念法要において納経させていただきました。納経の記念品は、今大会のスローガン「すべてに慈しみの心を」の文字を染め抜いた布巾です。9月29日に退董されました福山諦法猊下の御親筆によるものです。すでにお手元に届いていることと思いますのでどうぞお納めください。皆さまにおかれましては、納経料のご協力をいただき、ありがとうございました。

記念法要

永平寺さまの祠堂殿での記念品贈呈の後、法堂で小林昌道監院に御導師をおつとめいただき記念法要を行いました。厳かな趣の中で、献灯・献華・献香に始まり、納経を済ませ、法要が無事終わりを迎えたときはほっといたしました。この度のコロナ禍の中、永平寺さまにうかがうことができましたことは本当にありがたく思っております。関係の皆さまにも厳しい情勢の中、ご理解・ご協力いただきましたことに重ねて深く感謝申し上げます。

 

事務局 東京都港区芝2-5-2
曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

 

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<