曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~令和3年5月


5月、新緑の美しいさわやかな季節となりました。

東日本大震災発生から10年を迎えて

3月11日、東日本大震災発生より10年を迎え、本年も山形県第一宗務所所長はじめ役職員と共に被災地を訪れ、地震発生の午後2時46分、サイレンと共に1分間の黙祷をささげ、読経の中に献花をしてまいりました。

宮城県・岩手県の被災地は土地の嵩上げ等も進み、高台への住宅の移転も進み日常の生活も平穏に戻りつつありますが、被災された方々は未だ大きな心の負担を拭うことができないでいることに、私たちも心の痛みを感じてまいりました。

福島県は地震や津波に加えて、原子力発電所の事故が重なり、未だ立直りができずに将来を悲観して自死に至る方も多いと先日の研修会で知りました。

私たち婦人会も東日本大震災、熊本大地震など多くの災害に対して支援活動をしてきたことを創立45周年記念集に載せてあります。婦人会という大きな組織の中で会員の皆さまの温かい心遣いを感謝すると共に、会員の皆さまが被災された方々に寄り添える活動をこれからも続けていきたいと思います。

SDGs活動 

今までグリーン・プランとして活動してきたことが即SDGs活動になります。私たちの身の周りですぐできることは、食品ロスをなくすこと、電気をこまめに消すこと、マイ箸運動、水道の水を出しっぱなしにしない、等々身近な所で節約できることなどがあると思います。家の中で、近所の人たちと婦人会会員同志で語り合い活動の場を広げてまいりましょう。

感謝

「きゃら基金」への多大なご寄付がありました。感謝申し上げます。

宮崎県宗務所婦人会さま

長崎県第二宗務所婦人会さま

佐賀県宗務所婦人会さま

熊本県第一宗務所婦人会さま

熊本県第二宗務所婦人会さま

静岡県第一宗務所婦人会さま

徳島県宗務所婦人会さま

徳島県江音寺婦人会さま

本当にありがとうございました。

 

事務局 東京都港区芝2-5-2
曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

 

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<