『生き活き寺院 1寺院1事業の手引き(実践編)』を掲載しました


『生き活き寺院』は、人口減少や過疎で崩壊が進む地域に「地域福祉の担い手」として何か貢献したいという宗教人としての想いと、宗教離れなどで大変厳しい状況におかれている全国の曹洞宗寺院の振興、存立基盤強化を目標に編纂されています。

今回紹介する実践編は、入門編を読んで福祉活動・福祉事業に更なる関心を持たれた方向けの内容となります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。