ワークショップ開催報告in駒澤大学ホームカミングデー


 

令和元年11月10日、駒澤大学が主催する「第16回ホームカミングデー」において、曹洞宗宗務庁・曹洞宗総合研究センタースタッフによるワークショップが開催されました。
 駒澤大学ホームカミングデーは主に同大卒業生を対象に講演や催し物を企画したもので、曹洞宗は駒澤大学開校130周年記念棟『種月館』1階フロアにて『仏像塗り絵』『写経』『念珠づくり』『御朱印』、2階では『いす坐禅』の催しを行いました。
 ワークショップには400名以上の方が訪れ、それぞれ興味のあるブースで楽しみながら禅の心に触れていました。

予想を上回る人数が参加されました。 

心を込めて御朱印をしたためます。

念珠(参加者作品)

家族で念珠づくり。選ぶ珠に個性が現れます。

真剣に写経されていました。

ご参加いただきました皆さま、ご協力いただきました皆さまにあらためて御礼申し上げます。