南澤道人禅師晋山開堂式礼が厳修されました


4月2日(金)、大本山永平寺において、大本山永平寺新貫首 南澤道人禅師の晋山式・晋山開堂式が厳修されました。

南澤禅師は昭和2年9月14日にご誕生、同22年に長野県浄光庵住職宮本禅英師に就いて得度されました。同23年には駒澤大学を卒業、永平寺に安居された後、昭和27年には長野県龍洞院に晋住されました。

その後、昭和57年に永平寺の副寺に就任されると、同60~62年に副監院を、平成4~16年には監院職に就任されるなど、本山護持に努められました。

また平成16年には北海道中央寺に晋住、その後、平成20年に大本山永平寺副貫首に就任され、令和2年9月29日に大本山永平寺前貫首 福山諦法禅師のご退董を受け、大本山永平寺第八十世貫首に就任され、入山式が執り行われていました。

そして入山から約半年、このたび晴れて晋山式挙行の運びとなりました。

安下処をご出発 晋山行列

山門法語

大本山總持寺江川辰三禅師より賀偈の奉呈

鬼生田俊英宗務総長