厚生労働省・日本年金機構からの「宗教法人における厚生年金保険・健康保険の加入状況に係る調査票」の送付に関する周知について


厚生年金保険・健康保険(以下、「社会保険」という)は、法令により一定の要件を満たす場合、加入が義務付けられております。 

このたび、厚生労働省年金局より社会保険に未加入の宗教法人に対し、令和3年10月以降、全国の日本年金機構都道府県支部等を通じて加入状況に係る調査票を送付する旨、通達がありました。 

厚生労働省ならびに日本年金機構においては、一般の法人とは異なる宗教法人運営の特殊性を踏まえ、社会保険制度の周知と理解に努め丁寧な加入指導を進めるとしており、本調査の目的は、あくまで「未加入の宗教法人が、どのような運営形態となっているのかの実情を把握するため」とされています。したがって、本調査の回答内容をもって、すぐさま社会保険への加入を強制されるものではありません。 

宗内寺院各位におかれましては、調査の目的をご理解いただき、本調査へのご協力をお願い申し上げます。 

なお、本件に関するお問い合わせは、人事部秘書課(03-3454-5419)まで、ご連絡ください。