大本山總持寺 石附周行禅師の入山式が執り行われました


10月10日、大本山總持寺において、石附周行禅師の入山式が執り行われました。ご親族や随行者をはじめ、役寮・大衆が参列するなか、石附禅師は仏殿と大祖堂を拝登し、釈尊や歴代の祖師がたに就任のご挨拶をなされました。

石附禅師は昭和12年生まれ。昭和41年に群馬県宗泉寺に晋住、その後、同県雙林寺住職となられました。また平成元年に宗議会議員に当選、以来平成8年まで務められ、任期中の平成5年には伝道部長職に就かれました。
宗議会議員退任後は、平成8年より神奈川県大雄山最乗寺住職、同専門僧堂堂長・師家を務め、平成23年から總持寺副貫首に就任されていました。

(写真提供:大本山總持寺)