曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~令和3年9月


9月、初秋とは名ばかり、まだまだ暑い日が続いております。皆さま熱中症など体調を崩されませんようにご自愛ください。

これから台風シーズンです。近年は大きな災害に見舞われています。本年も7月に静岡県熱海市が大雨による大規模土石流で、8月には九州を中心に各地が豪雨で大きな被害を受けました。被災された皆さまには、心よりお見舞いを申し上げます。また、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

災害が多発している現代、曹洞宗婦人会では2019年に曹洞宗と関係諸団体と(SVA・全曹青を含む)災害相互協力協約書を締結しました(掲載記事参照)。

秋田県宗務所婦人会では、会員減少・高齢化・災害があったときにどのようにすべきか等を現実的に考え、秋田県曹洞宗青年会と協力し、両会が相互に情報支援、共有するためのボランティア協定を結んだそうです。

熊本県第一宗務所婦人会ではコロナ禍の状況に注意しながら熊本豪雨災害で被災し、仮設住宅にいる方々や檀信徒の家庭を訪れ、慰問袋を渡し大変喜ばれたそうです。参加した会員の皆さま本当にご苦労さまでございました。

婦人会では、災害発生時に、すぐ現場にかけつけることはできませんが、災害の現場で支援活動をするときに必要となるタオル等を備蓄しております。すぐ手配をいたしますので、ぜひご連絡ください。

日本赤十字社への活動資金を送る 
日本赤十字社より、新型コロナウイルス感染患者の命を守るために働く医療従事者の活動資金や、災害発生時に医療チームを派遣し救護活動などを行うための活動資金の要請があり、婦人会では「きゃら基金」から10万円の支援金を拠出いたしました。

SDGs推進委員会
8月5日、第4回SDGs推進委員会が開催されました。
・提言一  宗務庁内における「業務の簡素化」について
・提言二  「平等に活動できる環境整備」について 
各委員より活発な発言があり、委員の皆さんが真剣に取り組んでおられることが解りました。

事務局 東京都港区芝2-5-2
曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

 

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<