禅と食 ~「精進」について深掘りする~(オンライン)

禅僧と一緒に、修行僧の食事や作法を学びませんか?

世界中のさまざまな食が容易に手に入り、食に対する考え方も多様化する現代。

しかしそれゆえに、どう食事に向かい合えばよいのかを見失い、迷い悩む人も少なくありません。

曹洞宗で800年近く伝えられてきた、食に対する教えに触れてみましょう。

 

1、イベント内容
ご自宅で普段と同じような量の昼食をご用意いただき、禅における食への考え方についての講義を聞いていただきます。
その後、みんなで一斉に食事をとり、普段の自分の食を禅の視点から見直していただく、というイベントです。
最後に、『五観の偈』という食への向き合い方が書かれた短いお経を写経します。
2、これが身につく!(学びの要点)
「精進料理」と聞くと、ただ単に肉や魚を使わない料理の事だと思っていませんか?
精進とは、
 日常の何気ない生活を、自分のココロと身体を調える修行にしていくということ。
 食材の種類に限らず、感謝して丁寧に頂くこと。
 貪らず摂りすぎず、適量を心がけること。
 食べ物を粗末に無駄にしないこと。
そうした心構えの中にこそ、「精進」の本質があります。
禅の思想で「食」を観ることで、普段の生活が変わります!
3、日程
2022年12月17日(土) Zoomにて
10:30~11:45 禅における食の考え方について(禅僧による講演を聞いていただきます)
11:45~12:00 休憩、お食事のご用意をお願いいたします
12:00~13:00 食事
13:00~13:30 写経『五観の偈』(食への向き合い方が書かれた短いお経)※事前に資料をお送りします
4、講師
曹洞宗総合研究センター 宇野全智師(山形県 地福寺 副住職)
5、食事内容
普段食べる量の食事をご自宅でご用意ください。
肉・魚・卵が使われている料理でも結構です。コンビニ弁当やファストフードでも結構です。
6、参加対象者
小学生以上
7、参加費用
1,100円 (Web申込時に決済)
8、申込方法
株式会社エイチ・アイ・エスの申込Webサイトより 12月12日18時 申込受付終了
9、主催
曹洞宗宗務庁(担当:人事部文書課広報係)
10、共催
株式会社エイチ・アイ・エス
11、お問い合わせ先
曹洞宗宗務庁人事部文書課広報係 E-Mail:koho@sotozen.jp

 

※本イベントは、オフラインでの会場参加も可能です。詳しくは、こちらをご覧ください。→完売いたしました【完売御礼】

講師:曹洞宗総合研究センター 常任研究員 宇野全智(山形県 地福寺 副住職)
普段の研究テーマ:仏教や禅の教え、また僧侶が現代社会においてどんな役割を果たすことができるのかを、実践的に研究しています。