人権フォーラムバックナンバー

【人権フォーラム】寺院が持つ「情報」の再確認を

情報の管理 曹洞宗人権擁護推進本部の通常業務では、教区人権学習会や管区人権学習会などの各種人権学習の企画・運営に関すること、人権学習のための資料制作・送付など、曹洞宗における部落差別問題をはじめ、差別解消の取り組みを進め...…

情報の管理 曹洞宗人権擁護推進本部の通常業務では、教区人権学習会や管区人権学習会などの各種人権学習の…

【人権フォーラム】「同和問題」にとりくむ宗教教団連帯会議結成40周年記念式典並びに第41回「同宗連」総会出席報告

2021年4月15日、「『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議結成40周年記念式典」が京都ホテルオークラを会場に開催された。 「同宗連」は、1979(昭和54)年の第3回世界宗教者平和会議における部落差別発言から、宗門の...…

2021年4月15日、「『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議結成40周年記念式典」が京都ホテルオー…

【人権フォーラム】障害理解への学びと行動~ガイドヘルパー体験を通じて~

はじめに 本年度は教区人権学習会資料として、皆さまにポスター「みんなお寺に来てほしい」、ステッカー、解説小冊子『誰もが相談できる「いっしょに考えるお寺」を目指して』をお届けいたしました。資料の主旨である住職自らがポスター...…

はじめに 本年度は教区人権学習会資料として、皆さまにポスター「みんなお寺に来てほしい」、ステッカー、…

【人権フォーラム】教区人権学習開催について

今年度の教区人権学習会の資料はポスター、ステッカー、冊子の3点で構成されています。2018年度より学習を深めてきた、障害者の人権というテーマの一つのまとめとして、今回は学習の後に「行動」が伴う教材を作製いたしました。 今...…

今年度の教区人権学習会の資料はポスター、ステッカー、冊子の3点で構成されています。2018年度より学…

【人権フォーラム】2021年度人権啓発資料について~みんなお寺に来て欲しい~

1、障害のある人たちの置かれている状況 「みんな」とはだれのことでしょうか? みなさんは「みんな」と言う言葉から何を思い浮かべるでしょうか? 昔、友人に尋ねたときに「『みんな』って言葉から思い浮かぶ人たちの中で、好ましい...…

1、障害のある人たちの置かれている状況 「みんな」とはだれのことでしょうか? みなさんは「みんな」と…

【人権フォーラム】曹洞宗教区人権学習の振り返りと障害理解の学びと行動について

1.これまでの人権学習(障害理解)の取り組みについて  障害理解と行動形成の研修 初めまして、NPO法人風雷社中ふうらいしゃちゅう理事長の中村和利と申します。2020年度曹洞宗人権啓発資料作成委員会の委員を拝命し、この原...…

1.これまでの人権学習(障害理解)の取り組みについて  障害理解と行動形成の研修 初めまして、NPO…

【人権フォーラム】ハンセン病への差別・偏見をなくすために~③ハンセン病元患者の生涯と願い コロナ禍にあって~

石山春平さんを訪ねて~ハンセン病元患者「家族訴訟」から1年~ 昨年の9月下旬、神奈川県川崎市、ハンセン病元患者の石山春平さんのご自宅を訪ねた。秋雨前線の仕業から足元も濡れたままであったが、「さあ、あがって、あがって。うん...…

石山春平さんを訪ねて~ハンセン病元患者「家族訴訟」から1年~ 昨年の9月下旬、神奈川県川崎市、ハンセ…

【人権フォーラム】ハンセン病への差別・偏見をなくすために~②仏教者が加担してきた過ちと差別解消に向けた取り組み~

はじめに 前号の人権フォーラムでは、ハンセン病とその歴史、国の隔離政策などを解説いたしました。今回は、仏教者が加担してきた過ちやその差別解消に向けた曹洞宗の取り組みをお伝えします。   仏教とハンセン病差別 道...…

はじめに 前号の人権フォーラムでは、ハンセン病とその歴史、国の隔離政策などを解説いたしました。今回は…

【人権フォーラム】ハンセン病への差別・偏見をなくすために~①隔離政策と仏教者が加担した過ち~

はじめに 2019年(令和元年)6月28日、ハンセン病元患者の家族への差別に対する国の責任を認めた熊本地裁の判決が確定し、ハンセン病元患者やその家族に対する補償金の支給等に関する法律と、元患者の名誉回復を図るため、ハンセ...…

はじめに 2019年(令和元年)6月28日、ハンセン病元患者の家族への差別に対する国の責任を認めた熊…

【人権フォーラム】「私のあるく道」熊本県泰巌寺住職・くまもと「狭山事件」を考える住民の会  代表 磯田浩隆

前号に関連して、狭山事件の再審開始に向けて取り組む、熊本県泰巌寺住職磯田浩隆師にご寄稿いただきました。師は、明光寺専門僧堂役寮、曹洞宗人権啓発相談員をお勤めになりながら、くまもと「狭山事件」を考える住民の会の代表をされて...…

前号に関連して、狭山事件の再審開始に向けて取り組む、熊本県泰巌寺住職磯田浩隆師にご寄稿いただきました…