社会的役割

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す⑦

今回から3回にわたって鈴鹿大学の川又俊則先生にお話をうかがいます。 川又先生は、同大学の副学長、教授で、こども教育学部の学部長でもあります。専門は社会学で、様々な仏教教団や寺院、キリスト教会の調査にも携わり、それらの幅広...…

今回から3回にわたって鈴鹿大学の川又俊則先生にお話をうかがいます。 川又先生は、同大学の副学長、教授…

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す⑥

前回は、前田伸子先生(鶴見大学副学長、同大学歯学部教授)に、大本山總持寺と鶴見大学が連携して取り組んでいる「終末期医療を支援する臨床宗教師等の育成事業」についてお話をうかがいました。今回は、引き続いて、地域と連携して積極...…

前回は、前田伸子先生(鶴見大学副学長、同大学歯学部教授)に、大本山總持寺と鶴見大学が連携して取り組ん…

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す⑤

今回から、2回にわたって前田伸子先生にお話をうかがいます。 前田先生は、鶴見大学の副学長、歯学部教授(歯学博士)で、口腔微生物学がご専門です。近年、宗教と医療の接点についても熱心に探究され、現在、總持寺と鶴見大学が連携し...…

今回から、2回にわたって前田伸子先生にお話をうかがいます。 前田先生は、鶴見大学の副学長、歯学部教授…

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す④

前回は、島薗進先生(上智大学教授、東京大学名誉教授、グリーフケア研究所所長)に「これからの僧侶像とスピリチュアリティ」というお話をうかがいました。 3・11後に臨床宗教師というものが生まれた意義、そして、時代はこれまでの...…

前回は、島薗進先生(上智大学教授、東京大学名誉教授、グリーフケア研究所所長)に「これからの僧侶像とス…

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す③

前回からスタートした連続インタビュー「仏教の社会的役割を捉え直す」。 第1回目は、島薗進先生(上智大学教授、東京大学名誉教授、グリーフケア研究所所長)に、「3・11から仏教者が問われたもの」についてお話をうかがいました。...…

前回からスタートした連続インタビュー「仏教の社会的役割を捉え直す」。 第1回目は、島薗進先生(上智大…

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す②

いよいよ、連続インタビュー「仏教の社会的役割を捉え直す」がスタートします。 最初にご登場いただくのは宗教学者の島薗進先生(上智大学神学部特任教授、グリーフケア研究所所長、東京大学名誉教授)です。日本近代宗教史、死生学など...…

いよいよ、連続インタビュー「仏教の社会的役割を捉え直す」がスタートします。 最初にご登場いただくのは…

【連続インタビュー】仏教の社会的役割を 捉え直す①

テロ、金融危機、技術革新、気候変動に伴う環境破壊――激しく流動し、地球規模の危機も迫っている今、従来の通念や方法では立ちゆかなくなっている問題が増えています。超高齢化、多死社会を迎え、仏教者も新たな転換を促されています。...…

テロ、金融危機、技術革新、気候変動に伴う環境破壊――激しく流動し、地球規模の危機も迫っている今、従来…