人権フォーラムバックナンバー

【人権フォーラム】 ハンセン病に対する差別や偏見をなくすために~「らい予防法」の廃止から20年~

  はじめに 国の隔離政策の根拠となった、「らい予防法」の廃止から今年で20年になります。 今回は、ハンセン病差別について、また、現状の課題や仏教者が加担してきた過ちなどについて改めて考えたいと思います。 &n...…

  はじめに 国の隔離政策の根拠となった、「らい予防法」の廃止から今年で20年になります。…

【人権フォーラム】『宗報』にみる戦争と平和5 ―昭和6年~9年 反宗教運動と日本精神運動への応答―

前回の連載記事への読者からの意見『宗報』にみる戦争と平和4―満洲事変と曹洞宗の通達―(本年5月号)をご覧くださった読者からご意見を頂戴しました。「いつも『曹洞宗報』の人権フォーラムを拝読させて頂いております。5月号の『宗...…

前回の連載記事への読者からの意見『宗報』にみる戦争と平和4―満洲事変と曹洞宗の通達―(本年5月号)を…

【人権フォーラム】狭山事件の再審を求める市民集会参加報告

5月24日、東京都日比谷野外音楽堂を会場に、狭山事件の再審を求める市民集会「不当逮捕53年! いまこそ事実調べ・再審開始を!」が開催された。当日は、石川一雄さんを支援する約三千人近くの参加者が結集し、会場を埋め尽くした。...…

5月24日、東京都日比谷野外音楽堂を会場に、狭山事件の再審を求める市民集会「不当逮捕53年! いまこ…

【人権フォーラム】「差別戒名」問題が問いかけるもの

はじめに曹洞宗では、1979(昭和54)年「第3回世界宗教者平和会議」での「日本に部落差別は存在しない」という差別発言事件をきっかけに、部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消に向けた取り組みが始められ、36年が経過した...…

はじめに曹洞宗では、1979(昭和54)年「第3回世界宗教者平和会議」での「日本に部落差別は存在しな…

【人権フォーラム】『宗報』にみる戦争と平和 4 ―満洲事変と曹洞宗の通達―

戦争は知らないうちに始まっている戦争は私たちの知らないうちに、実態としてすでに始まっていることがあります。これまでの連載で採り上げてきた日清戦争(1894~95)日露戦争(1904~05)そして第一次世界大戦(1914~...…

戦争は知らないうちに始まっている戦争は私たちの知らないうちに、実態としてすでに始まっていることがあり…

【人権フォーラム】2016(平成28)年度教区人権学習 ―小冊子「『過去帳』等の管理の徹底を」をご持参ください―

本年度教区人権学習会は、教区長を通じて、全寺院配布を行う資料「『過去帳』等の管理の徹底を~あなたの親切心が社会的差別に加担しないために~」(以下、小冊子という)をテキストとして用いますので、ご持参の上、学習会参加をお願い...…

本年度教区人権学習会は、教区長を通じて、全寺院配布を行う資料「『過去帳』等の管理の徹底を~あなたの親…

【人権フォーラム】東日本大震災~寄り添うとは~

東日本大震災から、5年が経ちました。3月が近づくと震災関連の報道が増えますが、普段、被災地の記事を目にすることは少なくなっているように感じます。1月に福島県伊達郡国見町の社会福祉協議会の方から「昨年からボランティアが急激...…

東日本大震災から、5年が経ちました。3月が近づくと震災関連の報道が増えますが、普段、被災地の記事を目…

【人権フォーラム】『宗報』にみる戦争と平和3-大正期・第一次世界大戦-

大正デモクラシーと曹洞宗 俗に言う「大正デモクラシー」は、厳密な歴史学術用語としては、必ずしも適切ではないという評価が一方にありますが、一般には「大正時代の特徴をなす、政治、社会、文化の各方面にあらわれた民主主義的・自由...…

大正デモクラシーと曹洞宗 俗に言う「大正デモクラシー」は、厳密な歴史学術用語としては、必ずしも適切で…

【人権フォーラム】宗門主催被差別戒名物故者諸精霊追善法要厳修

11月16日、山形県鶴岡市善寳寺専門僧堂を会場に、曹洞宗被差別戒名物故者諸精霊追善法要が、釜田隆文宗務総長を導師に厳修された。     この法要は、2008(平成20)年度から開催しており、今回で8回目となる。この度は東...…

11月16日、山形県鶴岡市善寳寺専門僧堂を会場に、曹洞宗被差別戒名物故者諸精霊追善法要が、釜田隆文宗…